暴落は忘れた頃にやってくる―東京総合研究所

投資顧問東京総合研究所~暴落は忘れたころにやってくる~

東京総合研究所のスタッフブログです。こちらでは、東京総合研究所のスタッフによる投資情報や解説を初心者にもわかりやすく発信していきます。

東京総合研究所スタッフブログ第99号:仮想通貨、、、

f:id:toukyousouken:20190705154819p:plain

こんにちは!

東京総合研究所スタッフチームです!

 

先日のニュースによると

 

 

カナダの仮想通貨交換会社「クアドリガCX」で、同社の共同創業者ジェラルド・コッテン最高経営責任者(享年30)は、旅行先のインドでクローン病の合併症により急死したため、顧客から預かっているビットコインなどの仮想通貨1億4500万ドル(約160億円)相当が引き出せない状況になっているそうです。

 

同社の仮想通貨の多くは不正アクセスから守るため、インターネットから切り離した「コールドウォレット」に保管されていた。この保管先にアクセスできるのはコッテンしかいなかったといいます。

 

 

妻によれば、コッテン氏のパソコンなどに侵入して仮想通貨を回収できるよう専門家に依頼しているものの、少なくとも一部は喪失した恐れがあり

 

カナダ・ノバスコシア州の裁判所は5日、クアドリガから債権者保護申請を認め、同社の対応を監視する第三者機関として金融サービス大手のアーンスト・アンド・ヤングを指名したそうです。

 

2017年はICOバブルでしたね。


「1年間で価格が100倍以上に跳ね上がった」などという内容の話をよく聞きませんでしたか?

確かに価格が100倍になった銘柄はいくつかありますが、それはずっと保有していればの話であり、実際に長期に渡って保有していた人は少ないかと思われます。

つまり、仮想通貨は100倍になる間に利益確定を行った人が何人も存在し、保有者が何回も変わっているのです。

「だったらずっと保有していればいいでしょ」と思う方もいますが、今後も2017年のような価格の推移になるとは断言できません。
2017年は価格が操作されていたとも言われていますので、

“小額で・高いリターンを・短期間で”この3点に仮想通貨が当てはまらなくなる可能性もあります。

 

何に投資するかはみなさんの自由ですが、これらのニュースを踏まえると、少し足踏みしてしまいますよね。。。

 

f:id:toukyousouken:20181218105341p:plain

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

----------------------------------------

プロの投資家の見解を学んで実際の損切りの仕方を身につけたいという方や、投資理論について学んでみたいという方、

以下のブログではプロの見解や投資理論など、毎日耳寄りな情報を更新しています!

まずは一度チェックしてみてください!

↓↓↓

kabublog.jp

----------------------------------------

東京総合研究所監修の

 

【投資心理テスト】をやっています。


みなさんの性格を読み取って、それぞれに適した投資サービスをご紹介します!

  ----------------------------------------

東京総合研究所では日々LINE@で有益な情報を発信しています!(*^^*)
リアルタイムな情報を素早くキャッチしたい人には是非おすすめです!

是非この機会にご登録を!
質問・相談も無料!気軽にお声がけください! 

下の画像を保存して、LINEの友達追加からQRコードで読み込み、アルバムから画像を選択するだけで、簡単に登録できます!


 

友達検索から追加の場合はこちらから→【@billiontouch】

 ----------------------------------------

それでは本日も応援をよろしくお願いいたします。

バナーをクリックしていただけると、

東京総合研究所のブログランキングが上がります!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ