暴落は忘れた頃にやってくる―東京総合研究所

投資顧問東京総合研究所~暴落は忘れたころにやってくる~

東京総合研究所のスタッフブログです。こちらでは、東京総合研究所のスタッフによる投資情報や解説を初心者にもわかりやすく発信していきます。

【企業分析シリーズ】vol.3 ZOZO(3092)③:東京総合研究所スタッフブログ第211号

では、ZOZOTOWNの売上を分解してみましょう。

ポイント

ネット売上=取扱高×テイクレート

取扱高とは、ZOZOTOWNが扱っている取引高のことです。

例えば、年間3,000億円の取引がZOZOTOWN上で行われた場合、年間の取扱高は3,000億円ということになります。

先ほども言ったように、ZOZOTOWNはあくまでショッピングモールであるため、この3,000億円は売上ではありません。

 

ではどのように収益を得ているのでしょうか。

 

--------------------------------------------------------

f:id:toukyousouken:20190704154615p:plain

こんにちは、東京総合研究所スタッフです。

 

取扱高が3,000億円だとしたら、ZOZOの取り分はいくらなのか。

その指標がテイクレートになります。

テイクレートとは、いわゆる手数料を何%とるのかを示します。

もし取扱高3,000億円に対して、テイクレートが10%だと、3000億円×10%でネット売上は300億円ということになります。

 

つまり、取扱高とテイクレートは売上を構成する非常に大切な要素ということが理解できたと思います。

 

では、最初に述べた営業利益や純利益のYoY伸び率は高水準だが、あまり好感とは言えないという部分について考えてみましょう。

f:id:toukyousouken:20190806110200p:plain

こちらは、四半期ごとの取扱高の推移です。

YoYを見ていきましょう。

f:id:toukyousouken:20190806112048p:plain

 

折れ線グラフに注目してください。

取扱高の伸び率が鈍化しているのがわかると思います。

20年Q1の12.5%という数字は、グロース企業として支持されてきたZOZOの成長スピードに陰りが見えてきたということを表しています。

 

また、年間購入者数が初めて減少に転じたことも見逃せません。

f:id:toukyousouken:20190806130605p:plain

取扱高は単価×購入者数で構成されているわけですが、伸び代があるのは単価のみになってしまうということになります。

これはなかなか厳しい現実に直面していると言えそうです。

 

次はテイクレートの推移を見てみましょう。

つづく

 

 

応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログへ
 

 

こちらのブログでは弊社代表が様々な経済情報について解説しています。

合わせてチェックしてみてください!

 東京総合研究所 株ブログ・投資アドバイス 20年現役マネージャーの投資情報

 

また、今回新たなサービスとして、メールマガジンの配信が始まりました!

 

題して「相場・裏の裏読み・ベテランマネージャーの新手法・東京総合研究所」です!

 

弊社の代表がテクニカル分析を用いた相場の見方や思考法について配信いたします。

 

普段有料コンテンツのものを一部無料公開することもありますので、奮ってご登録ください!

 

 

さらに、東京総合研究所では日々LINE@でリアルタイムな情報を配信しています。

情報の波に乗り遅れたくない方、ぜひ登録してみてください。 

以下のQRコードを保存して、友だち登録をお願いします。

f:id:toukyousouken:20190911142809p:plain