暴落は忘れた頃にやってくる―東京総合研究所

暴落は忘れた頃にやってくる 東京総合研究所 投資ブログ

東京総合研究所のスタッフブログです。こちらでは、東京総合研究所のスタッフによる投資情報や解説を初心者にもわかりやすく発信していきます。

東京総合研究所監修・本日の市況解説 01/31

f:id:toukyousouken:20190122161355p:plain

31日の東京市場は、216.95円高の2万773.49円で引けました。


本日は全面高で朝方一時300円を超す上昇をみせました。FOMCは金融引き締めに慎重な方針が示されたため、米国株が急伸しその流れを引き継ぎました。30日から開催されている米中協議は米中協議は本日トランプ大統領も会談予定で劉鶴副首相は貿易摩擦解消を直接働きかけると考えられます。 


出来高:13億5957万株
売買代金:2兆5574億円
移動平均線:5日×26日:ゴールデンクロス
移動平均線:3日×26日:ゴールデンクロス


【注目された銘柄】
ソフトバンクグループ(9984)が急反発しました。前日の米国株市場で同社が出資する画像処理半導体大手エヌビディアが株価を4.4%高と急反発させており、米主導のリスクオン相場の流れに乗りました。一方、ソフトバンク(9434)は前日に商い急増の中、株価を大きく下落させた余韻を引きずる形で売りに押されました。 

【全市場値上がり上位】
1(3719)ジェクシード+25.69% 
2(2491)バリューコマース+21.63% 
3(8114)デサント+21.38% 
4(7048)ベルトラ+19.87% 
5(6754)アンリツ+18.35% 
6(4779)ソフトブレーン+18.22% 
7(5911)横河ブリッジHD+17.74% 
8(3744)サイオス+16.67% 
9(3836)アバント+16.55% 
10(3691)リアルワールド+15.77%


【注目された材料】
1.FOMCは今後の利上げ「忍耐強く」判断する方針で保有資産の圧縮も見直し、政策金利は年2.25%~2.50%に据え置きという結果となりました。
2.米中協議は本日トランプ大統領も会談予定で劉鶴副首相は貿易摩擦解消を直接働きかけるとみられます。
3.中国のPMIは僅かに上昇はしたが、景気の拡大・縮小を判断する節目の50を2か月連続で下回りました。

本日はこんなお話をしていました。

東京総合研究所ファンドマネージャーの株ブログ19/01/31ご確認ください。
☆これでまた、0(金利)の世界がつづくことになった。永遠の0  
☆1年に一度の賀詞交歓会、六本木で。 
 

この市況の元記事はこちら↓ 最新推奨株の動きも紹介しています。

www.888.co.jp 

----------------------------------------

東京総合研究所では日々LINE@で有益な情報を発信しています!(*^^*)
リアルタイムな情報を素早くキャッチしたい人には是非おすすめです!

「普段LINEなんて使わないから、登録の仕方がよくわからない・・・」
という方のために、下のリンクでは写真付きでわかりやすく登録の仕方をご紹介しています!

⇓⇓
儲ける方法LINE登録の仕方
是非この機会にご登録を!
質問・相談も無料!気軽にお声がけください! 

下の画像を保存して、LINEの友達追加からQRコードで読み込み、アルバムから画像を選択するだけで、簡単に登録できます!


 

友達検索から追加の場合はこちらから→【@billiontouch】

 

 ----------------------------------------

 

それでは本日も応援をよろしくお願いいたします。

バナーをクリックしていただけると、

東京総合研究所のブログランキングが上がります!

↓↓↓

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村