暴落は忘れた頃にやってくる―東京総合研究所

投資顧問東京総合研究所~暴落は忘れたころにやってくる~

東京総合研究所のスタッフブログです。こちらでは、東京総合研究所のスタッフによる投資情報や解説を初心者にもわかりやすく発信していきます。

東京総合研究所スタッフブログ第135号:東京総合研究所監修:本日の市況解説 02/28

皆さん、こんにちは!

東京総合研究所スタッフチームです(^o^)

 

本日の市況解説をお送りします!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:toukyousouken:20190225161008p:plain

28日の東京市場は、171.35円安の2万1385.16円で引けた。
前日の米国市場ではダウ工業株30種平均が下落するなど株高の勢いにやや陰りが見られ、東京市場も終日売り優勢の展開となった。米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は中国との貿易協議についてけん制的な発言をしたことで米中協議への楽観が後退したことや、鉱工業生産指数が予想以上の低下を見せたことも売り圧力になったようだ。新たな材料がないと一段の上昇は見えない。 


出来高:13億0122万株
売買代金:2兆4480億円
一目均衡表は雲上推移。


【注目された銘柄】
大東建託(1878)は急反落。同社をめぐり、アパートのオーナー契約に至らなかった場合に申込金が返金されないなどの相談が数十件相次いだとして、「消費者機構日本」では、契約実態把握のため情報提供を呼びかけた。同社では、現在返金に応じているが、今後の信用力低下やトラブル自体が嫌気売り要因となっている。 

【全市場値上がり上位】
1(1685)ETFSエネルギー上場投資信託+44.74% 
2(3047)トラックワン+28.57%
3(4970)東洋合成+25.80%
4(4389)プロパティDBK+22.46% 
5(7426)山大+18.75%
6(3498)霞ヶ関キャピタル+18.59% 
7(9820) MTジェネック+18.52% 
8(5697)サンユウ+17.94% 
9(3839)ODK+17.90%
10(6094)フリークアウト+16.96%

【注目された材料】
米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は中国との貿易協議についてけん制的な発言をしたことで米中協議への楽観が後退した。また、経済産業省が今日発表した1月の鉱工業生産指数速報値は前月比3.7%の低下となり、マイナスは3ヶ月連続となった。これらを背景に東京市場では電気機器や精密機器、機械株が下落。日経平均のマイナス寄与度上位にはファナック(6954)、東エレク(8035)、安川電(6506)などが続いている。 

 

次回の市況解説もぜひご覧ください!

 

----------------------------------------

プロの投資家の見解を学んで実際の損切りの仕方を身につけたいという方や、投資理論について学んでみたいという方、

以下のブログではプロの見解や投資理論など、毎日耳寄りな情報を更新しています!

まずは一度チェックしてみてください!

↓↓↓

kabublog.jp

----------------------------------------

東京総合研究所監修の

 

【投資心理テスト】をやっています。


みなさんの性格を読み取って、それぞれに適した投資サービスをご紹介します!

  ----------------------------------------

東京総合研究所では日々LINE@で有益な情報を発信しています!(*^^*)
リアルタイムな情報を素早くキャッチしたい人には是非おすすめです!

是非この機会にご登録を!
質問・相談も無料!気軽にお声がけください! 

下の画像を保存して、LINEの友達追加からQRコードで読み込み、アルバムから画像を選択するだけで、簡単に登録できます!


 

友達検索から追加の場合はこちらから→【@billiontouch】

 ----------------------------------------

それでは本日も応援をよろしくお願いいたします。

バナーをクリックしていただけると、

東京総合研究所のブログランキングが上がります!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ