暴落は忘れた頃にやってくる―東京総合研究所

投資顧問東京総合研究所~暴落は忘れたころにやってくる~

東京総合研究所のスタッフブログです。こちらでは、東京総合研究所のスタッフによる投資情報や解説を初心者にもわかりやすく発信していきます。

【企業分析シリーズ】vol.3 ZOZO(3092)①:東京総合研究所スタッフブログ第209号

こんにちは、東京総合研究所スタッフです。 

f:id:toukyousouken:20190704154615p:plain


 今回は企業分析シリーズ第3弾として、ZOZOを見ていきたいと思います。

お騒がせ経営者である前澤友作氏率いるZOZOは、近年最も注目されている企業の1つだと言っても過言ではないでしょう。

出来高を見ても、常に上位に食い込んできます。

 

ZOZOが儲かる仕組みは、やはりECにあると言えるでしょう。

ZOZOのビジネスモデルを読み解くとともに、ECビジネスについての知識を深められるようになりましょう。

ZOZOの基本情報

まずは、基本情報を見ていきましょう。

 

特色・・・衣料品ネット通販「ZOZOTOWN」運営。出店ブランドからの受託販売手数料が主な収益源

業種・・・小売

代表者・・・前澤友作

設立年月日・・・2000年4月

市場名・・・東証1部

上場年月日・・・2007年12月11日

決算・・・3月末日

 

次は最新決算情報です。

2020年3月期第1四半期決算(百万円)

7月30日に公開されたQ1決算になります。

売上高 79,237(6.2%)

売上総利益 26,270(8.3%)

営業利益 7,786(32.6%)

純利益 5,326(30.0%)

 

営業利益、純利益ともにYoY約+30%と、かなり好調のように見えますね。

しかし、ECビジネスの仕組みを紐解いていくと、今回の決算はそこまで好感なわけではないことが分かります。

次回詳しく見ていきましょう。

つづく

 

応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログへ
 

 

こちらのブログでは弊社代表が様々な経済情報について解説しています。

合わせてチェックしてみてください!

株ブログ・投資アドバイス|20年現役マネージャーの株式情報

 

また、今回新たなサービスとして、メールマガジンの配信が始まりました!

 

題して「相場・裏の裏読み・ベテランマネージャーの新手法・東京総合研究所」です!

 

弊社の代表がテクニカル分析を用いた相場の見方や思考法について配信いたします。

 

普段有料コンテンツのものを一部無料公開することもありますので、奮ってご登録ください!

 

さらに、東京総合研究所では日々LINE@でリアルタイムな情報を配信しています。

情報の波に乗り遅れたくない方、ぜひ登録してみてください。 

以下のQRコードを保存して、友だち登録をお願いします。

f:id:toukyousouken:20190911142809p:plain