暴落は忘れた頃にやってくる―東京総合研究所

投資顧問東京総合研究所~暴落は忘れたころにやってくる~

東京総合研究所のスタッフブログです。こちらでは、東京総合研究所のスタッフによる投資情報や解説を初心者にもわかりやすく発信していきます。

東京総合研究所スタッフブログ第60号:景気後退!?【先行指標】イールドカーブとは

f:id:toukyousouken:20190705154819p:plain


こんにちは!

東京総合研究所スタッフチームです!!

 

今回は投資をするにあたって重要な指標となる「イールドカーブ」についてお話をしていきます。

 

皆さんは「イールドカーブ」という言葉を聞いたことがありますか?

2018年末から19年年始にかけて話題になったワードかと思います。

 

「イールドカーブ」とは各期間の債券利回りを繋げた曲線のことをいいます。

債券は通常の経済環境化では、期間が長いほど債券のデフォルトリスクが高まるので利回りも高くなります。つまりイールドカーブをグラフにすると以下のようになります。

f:id:toukyousouken:20190122142308j:plain

この状態ですと、景気は安定しているのですが、昨年12月からこのグラフが逆転してしまったのです。つまり、債券市場で満期までの期間が長い債券の利回りが、短い債券の利回りを下回って長短金利が逆転しました。これを「逆イールド」といいます。

 

逆イールドになると景気後退の局面になると言われています。例えば、ITバブル崩壊前、リーマンショック前、そして日本の日経平均が史上最高値をつけた1989年12月29日も逆イールドでした。

 

f:id:toukyousouken:20190122143642j:plain

(出展:日本経済新聞 2019年1月5日)

 

こちらは日本経済新聞の1月5日付の記事からになります。期間の短い金利は目先の金融政策の動向に大きく左右される一方、5年や10年といった長めの金利は将来の経済や物価、金融政策を巡る市場の見方を映して動くので、ここから景気後退していくのではないかと言われています。

 

これに対して、ある日銀幹部は「米連邦準備理事会(FRB)が大量の米国債を持っているので長期の金利が以前より下がりやすいのは当たり前だ」と言っていたようです。確かに米国債(ここでは長期債券のことを指す)をFRBが大量に持っていたら、それだけ市場に出回っている債券の数も少なくなるので、需要と供給の関係から債券の価格は高くなり、長期の債券利回りが低くなるかとは思いますが、私はそんな単純なことで逆イールドカーブが起こったとは思っていません。

 

それにはいくつか理由がありますが、それはまた後ほどお話するとしましょう。

お楽しみに!!!

 

 

追記)

今確実に言えることは景気後退はもう間近まで来ているということです。みなさんは景気後退を見越して準備できていますか??

東京総合研究所ではいつでもご相談を承っております。また上級者向けとして東京総合研究所代表の大山がブログを運営しておりますので是非ご覧ください。

 

東京総合研究所HP→

投資顧問・投資助言・日経225先物|東京総合研究所

 

----------------------------------------

プロの投資家の見解を学んで実際の損切りの仕方を身につけたいという方や、投資理論について学んでみたいという方、

以下のブログではプロの見解や投資理論など、毎日耳寄りな情報を更新しています!

まずは一度チェックしてみてください!

↓↓↓

kabublog.jp

----------------------------------------

東京総合研究所監修の

 

【投資心理テスト】をやっています。


みなさんの性格を読み取って、それぞれに適した投資サービスをご紹介します!

  ----------------------------------------

東京総合研究所では日々LINE@で有益な情報を発信しています!(*^^*)
リアルタイムな情報を素早くキャッチしたい人には是非おすすめです!

是非この機会にご登録を!
質問・相談も無料!気軽にお声がけください! 

下の画像を保存して、LINEの友達追加からQRコードで読み込み、アルバムから画像を選択するだけで、簡単に登録できます!


 

友達検索から追加の場合はこちらから→【@billiontouch】

 ----------------------------------------

それでは本日も応援をよろしくお願いいたします。

バナーをクリックしていただけると、

東京総合研究所のブログランキングが上がります!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ