暴落は忘れた頃にやってくる―東京総合研究所

暴落は忘れた頃にやってくる 東京総合研究所 投資ブログ

東京総合研究所のスタッフブログになります。こちらでは、東京総合研究所のスタッフによる投資情報の発信や解説を初心者にもわかりやすく発信していきます。

パレートの法則とは!?

皆さん、こんにちは!

東京総合研究所スタッフチームです!

 

 

 

今回は「パレートの法則」について書いていこうと思います。

 

この法則を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

 

パレートの法則」とは、1986年にイタリアの経済学者・社会学者であるヴィルフレド・パレート(Vilfredo Federio Damaso Pareto)が提唱した理論です。

“経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出している”というもので、別名80:20の法則とも呼ばれます。

 

このパレートの法則の例として、よく使われるのが働きアリの法則です。

アリの全体のうち、よく働くアリは2割で、食料の8割を集めてきます。

 

アリのうち、よく働くアリと働きアリ合わせて8割を占めます。2割はさぼりアリです。

(アリの法則には2-6-2の法則があり、2割がよく働くアリ、6割が普通に働くアリ、2割がさぼりアリになるというものもあります。)

 

さぼりアリが2割いるならと、、、アリたちを働きアリとさぼりアリの2グループに分けます。

すると、全アリが働きアリのはずのグループで、2割がさぼりアリになるのです。

一方の、さぼりアリのグループでは、8割のアリが働きアリに変わり、

どちらのグループでも働きアリとさぼりアリの比が8:2になるのです。

 

f:id:toukyousouken:20180928161209j:plain


このパレートの法則は、アリだけでなく、ビジネスにおいても成り立っています。
例としては、
・商品の売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している。
・売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している。
・会社は8割が無能な社員で2割の優秀な社員よって支えられている
などが挙げられます。
このように、8:2の法則は多くのところで成り立っているのです。


そして、重要なのは、このパレートの法則が相場でも成り立っていることです。
まず、儲けの8割は2割の銘柄で生み出されます。
次に、時間的にも、儲けの8割は、投資をしている間の2割の期間でのみ達成されます。これらは、優秀な2割が全体の8割を支えている構造ですね。

 

 働きアリとさぼりありの8:2の構造に戻ると、2割はさぼりアリでしたね。このさぼりアリたちは意味がないように思えますが、この2割のさぼりアリ、、、この残る2割は重要な役割を果たしているのです。
さらに、東京総合研究所においては、ファンドを構成する銘柄についてもこの8:2の法則を使っているのです。

詳しくはこちら

 

-----------------------------------------------------------------------------------

 

東京総合研究所では日々LINE@で有益な情報を発信しています!!\(^о^)/

リアルタイムな情報を素早くキャッチしたい人には是非おすすめです!

 

「普段LINEなんて使わないから、登録の仕方がよくわからない!」

という方のために、下のリンクでは写真付きでわかりやすく登録の仕方をご紹介しています!⇓⇓

儲ける方法LINE登録の仕方

是非この機会にご登録を!(*^^*)

質問・相談も無料!気軽にお声がけください!

-----------------------------------------------------------------------------------

下の画像を保存してLINEの友達追加・QRコード読み込みで、アルバムから画像を選択するだけで、簡単に登録できます!

友達検索から追加の場合はこちらから→【@billiontouch】

f:id:toukyousouken:20180927155325j:plain

 

また、東京総合研究所では

日々投資の役立つ情報を更新しています!!↓

人気株ブログランキング

まずは一度読んでみてください(*^^*)