暴落は忘れた頃にやってくる―東京総合研究所

投資顧問東京総合研究所~暴落は忘れたころにやってくる~

東京総合研究所のスタッフブログです。こちらでは、東京総合研究所のスタッフによる投資情報や解説を初心者にもわかりやすく発信していきます。

東京総合研究所スタッフブログ第91号:トリビアの泉から学ぶ、投資の考え方

f:id:toukyousouken:20190705154819p:plain


こんにちは!

東京総合研究所スタッフチームです!

 

今回は雑学も交えながら緩く投資についてお話していこうと思います。

 

みなさんは「トリビアの泉」をご存知でしょうか。

トリビアの泉はタモリさんの看板組で、視聴者から寄せられた様々な(ほとんどがしょーもない)疑問を仮説検証していく番組でした。今は番組終了しています。

しょーもない疑問に対して大がかりな仮説検証が面白くて東京総合研究所スタッフチーム全員が見ていました。

 

 

 f:id:toukyousouken:20190204153059j:plain

 

 

 

そんなトリビアの泉にこんな疑問がありました。

 

「100万円を全て10円玉に両替して鑑定するとおよそ□円になる」

 

一体何円になるんでしょうね。

その結果が…

「100万5399円」

 

でした。

このリターンを%で表すと、実に0.539%です。

今の銀行の普通預金の金利は0.001%なので両替→鑑定などの手間を省くと銀行の預けるよりも100万円を10円玉に両替した方が絶対に良いです。

 

こう考えると銀行さんがとても厳しい状況であることがわかります。

しかし、仮にそうだとしても投資家の皆さんは決して100万円を両替→鑑定なんてしないでしょう。東京総合研究所のスタッフはみんなしないと答えました。

 

なぜなら預金金利より高くてもたった0.539%のリターンしか得られないからです。五十歩百歩なんですよね。これがリターン10%から20%になると言われたら絶対に20%の方を選びます。

 

それならばと、不動産屋さんは銀行のお金を眠らせるのは勿体ないと言い、投資家に不動産投資を勧めます。しかし、不動産は元本の保証がありません。さらに今現在ですとリスクが非常に高いです。

 

そんなリスクをヘッジするために保険屋さんが出てきます。

 

一体、投資家の我々はどこに投資をしたら良いのでしょうか…

 

ほとんど増えなくても銀行に預金しておくのが正解かもしれません、不動産投資でリスクを背負いながらも大きなリターンを目指すのも正解かもしれません、保険でリスクをヘッジしておくのも正解なのかもしれません。これは皆さんが決めることでありますのでハッキリと申し上げることはできませんが、今後はリスクや他の金融商品等と比較しながらしっかりと考えないとダメです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

----------------------------------------

プロの投資家の見解を学んで実際の損切りの仕方を身につけたいという方や、投資理論について学んでみたいという方、

以下のブログではプロの見解や投資理論など、毎日耳寄りな情報を更新しています!

まずは一度チェックしてみてください!

↓↓↓

kabublog.jp

----------------------------------------

東京総合研究所監修の

 

【投資心理テスト】をやっています。


みなさんの性格を読み取って、それぞれに適した投資サービスをご紹介します!

  ----------------------------------------

東京総合研究所では日々LINE@で有益な情報を発信しています!(*^^*)
リアルタイムな情報を素早くキャッチしたい人には是非おすすめです!

是非この機会にご登録を!
質問・相談も無料!気軽にお声がけください! 

下の画像を保存して、LINEの友達追加からQRコードで読み込み、アルバムから画像を選択するだけで、簡単に登録できます!


 

友達検索から追加の場合はこちらから→【@billiontouch】

 ----------------------------------------

それでは本日も応援をよろしくお願いいたします。

バナーをクリックしていただけると、

東京総合研究所のブログランキングが上がります!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ