暴落は忘れた頃にやってくる―東京総合研究所

投資顧問東京総合研究所~暴落は忘れたころにやってくる~

東京総合研究所のスタッフブログです。こちらでは、東京総合研究所のスタッフによる投資情報や解説を初心者にもわかりやすく発信していきます。

東京総合研究所スタッフブログ第176号:BREXITが株価・為替に与える影響とは?

f:id:toukyousouken:20190704155919p:plain


f:id:toukyousouken:20190411145651j:plain

 

 

こんにちは。東京総合研究所スタッフチームです!

 

11日未明、EUの首脳会議が緊急で開かれ、イギリスのEU離脱期限が10月31日まで延期されることが決定されました。

 

離脱日を今月12日から6月30日まで延期要請をするメイ首相(英)の主張に対し、27カ国の欧州理事会は応じず。5時間にも及ぶ会議の末、10月31日までの延長で合意がなされたようです。また6月の進捗状況の確認が決定されました。

 

イギリスのEU離脱問題、通称BREXITは2016年に国民投票によって可決されましたが、度重なる延期により、3年が経過しました。

 

では、「今回のEU離脱日再延期による短期的な為替・株価への影響」と「今後、半年の長期的な影響」はどのように予想されるでしょうか。

 

それぞれ見ていきましょう

今回の離脱日再延期による為替・株価への影響は?

 

f:id:toukyousouken:20190325105337p:plain




「合意なき離脱」を回避できたことから、一時的に円が売られましたが、11日午前の東京外国為替市場で円相場は1ドル=111円近辺で推移に留まったようです。

 

また、東京株式市場では日経平均株価は小動きだったようです。

 

為替・株価ともに、離脱が延期されるだろうと予想していたことが、値動きの小ささの要因になったのでしょう。

 

離脱までの半年間で予想される為替・株価への影響は?

f:id:toukyousouken:20190409150346j:plain

 



今回の首脳会議で、次の離脱予定日は10月31日になり、また、6月には進捗確認がされるということで、大幅な時間猶予が与えられました。

 

ただ今年1月から、何度も離脱合意案は否決されているため、今後半年も、依然として、「合意なき離脱」の可能性は捨て切れません。

 

「合意なき離脱」がなされれば、2016年以来下がり続けているポンドやユーロがさらに急落する恐れがあります。

 

そして欧州市場への不安は日本が円高を進行させます。

 

すると輸出を中心とする日本の商品やサービスの購入敬遠がなされ、日経平均の下落が想像されます。

 

おわりに


いかがでしたでしょうか。イギリスのEU離脱という政治的意思決定が、人々の経済活動に大きく影響していることがわかりますね。

やはり人々がBREXITの動きを予想できる場合は、値動きは限定的になるようですね。

ただ、今回の離脱日の決定は今までと異なり、時間的猶予を与えられたため、大きく株価や為替に影響するような出来事が起こりそうです。

政治と経済は相互に影響しあってることがわかり、非常に興味深いです。

 

これを機に、ぜひ投資を検討してみてください!



【関連】

 

toukyousouken.hatenablog.com



----------------------------------------

プロの投資家の見解を学んで実際の損切りの仕方を身につけたいという方や、投資理論について学んでみたいという方、

以下のブログではプロの見解や投資理論など、毎日耳寄りな情報を更新しています!

まずは一度チェックしてみてください!

↓↓↓

kabublog.jp

----------------------------------------

東京総合研究所監修の
 

【投資心理テスト】をやっています。


みなさんの性格を読み取って、それぞれに適した投資サービスをご紹介します!

  ----------------------------------------

東京総合研究所では日々LINE@で有益な情報を発信しています!(*^^*)
リアルタイムな情報を素早くキャッチしたい人には是非おすすめです!

是非この機会にご登録を!
質問・相談も無料!気軽にお声がけください! 

下の画像を保存して、LINEの友達追加からQRコードで読み込み、アルバムから画像を選択するだけで、簡単に登録できます!


 

友達検索から追加の場合はこちらから→【@billiontouch】

 ----------------------------------------

それでは本日も応援をよろしくお願いいたします。

バナーをクリックしていただけると、

東京総合研究所のブログランキングが上がります!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ